エンジニアド ガーメンツ「アニマル・プリント」

エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)の2022年春夏コレクションから「アニマル・プリント」の新作ウェアが登場。エンジニアド ガーメンツ 東京、ネペンテス 大阪、ネペンテス 福岡、サウス2 ウエスト8 札幌にて発売。

“砂漠“のようなカーキ色×動物柄プリントの新作ウェア

サハラ砂漠やサバンナなど、アフリカの美しい風景やカルチャーから着想を得た2022年春夏シーズンは、自然の色彩や動植物のモチーフをデザインに落とし込んだウェアを展開。


中でも目を引くのが、ダイナミックに動物のシルエットを描き、大柄のカモフラージュのように仕上げた「アニマル・プリント」のウェアの数々だ。砂漠を思わせるカーキカラーのコットン・ツイルに動物柄のプリントを施し、ベーシックな雰囲気に遊び心をプラスした。


ラインナップはジャケットやベスト、パンツなど。ピークドラペルのジャケットにはパッチポケットや補強布、チェンジボタンなどを配してアクティブな佇まいに。カナダグース アウトレット軽やかに着られるノーカラージャケットには、フロントループやタフな印象のポケットをあしらい無骨なエッセンスをプラスしている。


その他、USアーミーのミリタリーパンツをベースに仕立てたナチュラルなテーパードシルエットのファティーグパンツや、レイヤードのコーディネートに使えるベストなども登場。ウェアに加え、頭全体を深く包み込むバケットハットも揃える。

【関連記事】:人気ブランドのアイテム続々入荷中!

0 thoughts on “エンジニアド ガーメンツ「アニマル・プリント」”

  1. それは彼女の時計だった。カルティエ何年も前から憧れていた時計だ。彼女が身につけているものはとてもシックで大人っぽく見えた。小さな長方形の(戦車をイメージした)時計に、黒いペンキのはがれた斑点がついた“ゴールド”のブレスレットをつけただけの信じられないほどシンプルなものだ。今まででいちばん実用的でない贈り物だった。私はそれを身につけ、号泣した。

  2. 年々需要が高まり続けており、それに比例して相場も急上昇。「正規店で定価で買う」ことはもはや不可能に近く、並行輸入店でも仕入れても即完売続き。この4年で、品薄が解消されたことはありませんでした。

  3. 高所作業で靴ひもに命を預けるのは、意味がわからない。しかし、人生における最高の経験は、理屈を抜きにして、何かおかしなアイデアに真っ向から取り組んだときに得られるものなのだ。

  4. 2022年の春に向けて、女性の心をときめかせてくれるような新作バッグが人気ブランドから登場する。新生活を迎える人には通勤・通学にも使えるようなトートを、春の軽やかおしゃれを楽しみたい人にはトレンドのミニバッグを……自分好みのバッグを見つけて2022年の春ファッションを思う存分楽しんでみては。

素晴らしい経験 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です